トラベルプリペイドカードはクレジットカード決済の仕組みを活用

クレジットカード決済の仕組み

トラベルプリペイドカードは、クレジットカード決済の仕組みを、そのまま活用しています。

 

トラベルプリペイドカードの仕組みを理解するために、ここでは、クレジットカードの基本的な仕組みを解説します。

 

そもそも、クレジットカードのクレジット(Credit)という言葉は「信用」という意味です。

 

クレジットカード会社は、消費者を信用してクレジットカードを発行し、消費者がクレジットカードを使ってショッピングなどをした際に、その料金を立て替えて支払います。その後で、一定の締め日になると、消費者の銀行口座から購入分の代金を引き落とします。

 

こうした「信用に基づいた後払いの仕組み」がクレジットカードの基本的な仕組みです。

 

トラベルプリペイドカードの場合は、クレジットカード会社が立て替えるという要素が無く、カードの利用上限価格がプリペイドとして事前に入金した金額になるわけです。

 

カード会員と加盟店

カード会員と加盟店

クレジットカードの基本的な仕組みは、クレジットカード会社を中心に、消費者(カード会員)と、クレジットカードを使えるお店(加盟店)の3者によって成り立っています。

 

このなかでも、カード会員と加盟店の関係はちょっと複雑になりますので、解説します。

 

消費者(カード会員)

クレジットカードを利用する消費者は、「クレジットカード会員」あるいは単に「カード会員」と呼ばれます。

 

一般的には、クレジットカードを持っている人を「会員」と呼ぶと考えて問題ありません。クレジットカード名+会員で呼ばれることが多く、例えば、JCBカード会員、楽天カード会員、などのように呼ばれます。

 

クレジットカードにはかならず会員規約が設けられていて、この会員規約に合意した人のみにクレジットカードが発行されます。会員規約を良く読むと分かりますが、クレジットカードは、厳密にはクレジットカード会社から借りている(貸与された)ものです。

 

このため、クレジットカードを、家族を含む自分以外の者に貸す行為は規約違反となりますし、万一クレジットカードを紛失した際にはカード会社に届け出の義務があるとされています。

 

クレジットカードを使えるお店(加盟店)

クレジットカードは全ての店舗で使えるわけではありません。商品やサービスを提供する事業者が、クレジットカード会社と加盟店契約を結んでいる必要があります。

 

このため、クレジットカードが利用できる商品やサービスを提供する事業者(店舗)のことを「加盟店」と呼びます。

 

クレジットカード会社は、多くの店舗で自社のクレジットカードが使えなければ利便性が高まりませんから、積極的に加盟店開拓を行っています。

 

一方、加盟店の側から見ると、クレジットカードを使えるということは、利用客の決済手段の幅が広がることにもなり集客面でのプラスにもなります。さらには商品の代金をクレジットカード会社が利用客に代わって一括で支払ってくれるというメリットもあります。

 

こうしたメリットの対価として、加盟店は、販売額の数パーセントを加盟店手数料としてクレジットカード会社に支払っています。基本的に、この加盟店手数料が、クレジットカード会社の運営費用を支えているのです。

 

TOPページでは、トラベルプリペイドカードについて解説し、現在主要なトラベルプリペイドカードを比較。手数料などから、最もお得なトラベルプリペイドカードをランキング形式で紹介しています。